個人観光ガイド

山之口貘詩碑

投稿日:

1975年7月、貘の十三回忌に合わせ、山之口貘詩碑建立期成会(代表宮里栄輝)により建てられた詩碑。

 碑文には、1935年に発表された「座蒲団」が刻まれている。
 山之口貘は、本名を山口重三郎といい、父重珍、母カマドの三男(四男三女の第五子)として1903年9月11日、那覇区東町(当時)に生まれた。沖縄県立第一中学校(首里高等学校の前身)在学中から新聞などに詩を投稿。その後、山城正忠、国吉真哲等とともに「琉球歌人連盟」の結成に参加し、この頃から「山之口貘」のペンネームを使用した。1925年2度目の上京を果たし、職を転々としながらも文学者佐藤春夫や金子光晴等の支援を受け詩を発表した。
 処女詩集『思辨の苑』(1938年)、『山之口貘詩集』(1940年)、太平洋戦争後には、『定本山之口貘詩集』(1958年)を発表した(第二回高村光太郎賞受賞)。1958年11月、34年振りに帰郷し、親族・友人等の歓迎を受け、2 ヵ月近く滞在した。
 1963年7月19日、胃ガンのため死去、享年59。千葉県松戸市の八柱霊園に葬られた。死後4冊目の詩集『鮪に鰯』(1964年)が発表され、金子光晴はその本の中で、「貘さんは第一級の詩人で、その詩は従って第一級の詩である」と称賛した。
 未発表作品を含む自筆原稿約7,500点余りは、遺族により沖縄県立図書館へ寄贈され、2010年11月「山之口貘文庫」として開設された。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市寄宮1丁目 与儀公園内

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.