個人観光ガイド

真和志間切番所跡(マワシマギリバンジョアト)

投稿日:

琉球王国時代から1907年(明治40)にかけての行政単位である真和志間切の行政を管轄した番所(役所)跡。

 南風原・西原間切とともに首里王府の直轄領であった真和志間切は、当初那覇なども含む広大な間切であったが、那覇・久米村の独立、小禄間切の分離設置などにより、王国時代は天久・識名・国場など12 ヵ村をもって構成された。
 間切番所は、上間村に置かれ、地頭代以下の間切役人が、村々の耕作状況や年貢収納などの監督・指導を行った。
 1879年(明治12)の沖縄県設置後、1899年(明治32)の沖縄県間切島吏員規定により番所は役場、間切役人は間切長・書記などと改称され、さらに1908年(明治41)4月の沖縄県及島嶼町村制により、間切は町村となり、真和志間切は真和志村となった。
 真和志間切番所は、その後も間切役場・村役場庁舎として使用されていたが、1926年(大正15)国場へ移転(現真和志支所敷地)、1957年(昭和32)に、那覇市との合併で那覇市真和志支所庁舎となった。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市上間1-7

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.