個人観光ガイド

貝摺奉行所跡(カイズリブギョウショアト)

更新日:

王家御用、献上・贈答用などの漆器製作にかかる事務及び職人を指導・監督する首里王府の役所跡。

 相国寺跡(所在地不明)から1745年にこの地に移設された。
 琉球王国では、15~16世紀に馬・硫黄のほか献上品として漆塗りの腰刀(鞘)などを中国へもたらしており、早くから漆芸品を製作していた。1612年に毛氏保栄茂親雲上盛良が貝摺奉行に任じられ、貝摺師・絵師・檜物師・磨物師・木地引などの職人を監督したといわれ、この時期にはすでに貝摺奉行所が組織されていたと思われる。奉行所では中国皇帝や日本の将軍・諸大名への献上用の漆器の形態・図案が決められたほか、数量及び材料などにかかる金銭の出納などの生産管理事務が行われた。
 1879年(明治12)の沖縄県設置により貝摺奉行所は廃され、跡地には1886年(明治19)に沖縄師範学校が置かれた。
 漆器は民間の手で製作され続けられ、1912年(明治45)には漆器産業組合も結成されるなど、本土への移出品、記念品としてもてはやされた。沖縄戦(1945年)の後は米兵・本土観光客の土産品として復興し、1980年(昭和55)に通商産業大臣(当時)から伝統的工芸品として「琉球漆器」が指定を受けた。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市首里当蔵町1-4

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.