個人観光ガイド

オランダ屋敷跡(ウランダーヤシキアト)

更新日:

日本メソジスト教会の外国人宣教師の屋敷跡。

 かつて沖縄では欧米人のことを「ウランダー」(オランダ人)と呼んだことから、その名が付いた。
 沖縄におけるメソジスト教会の本格的な布教は、1892年(明治25)、久米に礼拝堂が開かれたことに始まる。1906年(明治39)に、アメリカ人ヘンリー・B・シュワルツ博士(1862 ~ 1945年)一家が派遣され、布教・伝道を行った。翌年シュワルツは安里の高台に居を設け、那覇・首里の教会で活動するとともに、沖縄県立中学校(後の県立第一中学校、現首里高等学校)で英語を教えた。シュワルツの屋敷では、英語聖書研究会も開かれ、師範学校や中学校の生徒が出入りしたという。
 1911年(明治44)、シュワルツ一家の離沖に伴い、後任にアメリカ人アール・R・ブール宣教師(1876 ~ 1974年)夫妻が着任した。1913年(大正4)までのわずかな滞在であったが、離任後も沖縄との関係を持ち、泊外人墓地の修復や、護国寺にあるベッテルハイム記念碑建立に尽力した。また、シュワルツやブールは、伊波普猷ら沖縄の知識人とも交流があった。
 オランダ屋敷は、その後メソジスト教会信者で小沢書店店主小沢朝蔵、医師大久保孝三郎の管理に置かれたが、後に開南中学校の寄宿舎・農園として使用された。沖縄戦後、一帯は住宅地となった。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市字安里90-5地内

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.