「 個人観光ガイド 」 一覧

那覇駅跡(ナハエキアト)

沖縄における軽便鉄道各路線の起点となった那覇駅跡。  日本の鉄道は、近代化への象徴として、明治新政府により推進され、1872年に初めて新橋~横浜間が開通した。沖縄県でも、本土から来た寄留商人を中心に、 …

沖縄県立沖縄病院跡(オキナワケンリツオキナワビョウインアト)

「県病院」・「県立病院」と呼ばれ、当時、県内唯一の総合病院であった「沖縄県立沖縄病院」の跡地。  1879年(明治12)の沖縄県設置(琉球処分)に先立ち、西村(現那覇市西)に置かれていた旧薩摩藩在番奉 …

若狭町村学校所跡(ワカサマチムラガッコウジョアト)

琉球王国時代の若狭町村の学校所および役所跡。  創建年は不明だが、1830 ~40年頃と推定される。 村学校所は、士族子弟の初~中級の教育機関で、首里・那覇の各村ごとに建てられた。総数は首里14、那覇 …

識名馬場跡(シキナババアト)

馬の調教所跡。  俗に識名マージという。 馬場の設置年代について不明。識名馬場は約300mにも及ぶ直線道路で、周囲は松並木であったという。王府の「年中礼式」には、正月下旬に那覇の潟原と識名馬場において …

西の海跡(ニーシヌウミアト)

西村(現那覇市西)の西の海のこと。  童謡「アカナー」にも歌われており、那覇の人々に親しまれた海辺であった。 かつて、那覇港先の三重城から、潮の崎(現那覇市辻三文珠公園一帯)にかけては、U字形に湾入し …

島尻郡役所跡(シマジリグンヤクショアト)

1896年(明治29)に設置された島尻郡の行政を管轄した役所跡。  1879年(明治12)の沖縄県設置の翌年、島尻地方15間切の行政事務を監督・指導するため、東風平間切番所内に島尻役所が置かれた。 島 …

アカチラ

旧若狭町村の北東部の海岸砂汀地の名称。  「アカツラ」・「明津浦」とも記される。名称は海岸付近の地名「アカチラバル」に由来する。 かつて若狭町(現那覇市若狭)北東部の海岸は、東の「那覇潟原」(塩田:現 …

美栄橋駅周辺の史跡・旧跡(ミエバシエキシュウヘンのシセキ・キュウセキ)

美栄橋駅周辺の歴史は、琉球王国時代の「長虹堤」の築造に始まる。  長虹堤は、1451年に築造させた祟元寺橋からイベガマ(「久茂地のチンマーサー」)に至る約1kmに及ぶ浮道(海中道路)で、美栄橋はこの道 …

那覇大阿母屋敷跡(ナハオオアムヤシキアト)

琉球王国の女神官の一人「那覇大阿母」の屋敷跡。  広さは215坪。那覇大阿母は「浜の大阿母」ともいい、高級神女「真壁大阿母志良礼」に属す。 嘉清年間(1522 ~ 1566年)、錢氏与那城親雲上直方の …

那覇市跡(ナーファヌマチアト)

この地にあった公設民営の市場跡。  「東市場」、また、沖縄県下最大の市場であったため「大市」とも呼ばれた。 市場の創設については不明だが、15世紀以降、唐(中国)や南蛮(東南アジア諸国)、大和(日本) …

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.