個人観光ガイド

雪の崎跡(ユーチヌサチアト)

投稿日:

那覇市の北西部にあった岬の名称。

 中国からの冊封使節の記録には「雪崎山」と見える(李鼎元「使琉球記」)。
 「雪の崎」は、若狭町の中央北側に広がっていた「上の毛」と呼ばれる高さ20m程の岩礁台地の突端。その下部が波の浸食により削られ、方言で「ユーチ」と呼ばれる斧(小型な斧、斧は方言で「ウーン」という)の形に似ていることから、「ユーチヌサチ」と呼ばれ、「ユーチ」の音から「雪」の字が充てられた。
 「上の毛」は古くから拝所として利用され、崖下には大きな洞穴があったという。また「上の毛」の東側は墓地地帯で、さらに「アカチラ原」と呼ばれる海岸沙汀地が広がっていた。西側には、「耳切坊主」で有名な黒金座主の寺とされる護道院があった。
 沖縄戦後も、「上の毛」はその姿をとどめていたが、1951年(昭和26)3月に米軍の立入禁止区域から辻・若狭町が開放されたことによる区画整理事業の実施、さらに泊港南岸地域の埋立(現前島3丁目、若狭3丁目一帯)により削り取られ、その岩石は、埋立工事に使用された。1959年(昭和34)9月に、残っていた「雪の崎」側の岩礁は、ダイナマイト爆破により取り除かれ、「上の毛」跡地には若狭小学校(1957年開校)が新設され、周辺に住宅地・公園用地が整備された。現在、爆破により残った岩の一部が、公園用地に取り込まれ、周辺住民の拝所として利用されている。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市若狭1丁目 若狭海浜公園内

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.