個人観光ガイド

天使館跡(テンシカンアト)

投稿日:

琉球王国時代、中国が派遣した冊封使(天使)のための施設・宿舎。

 一般に館屋(クヮンヤ)と称した。創建年代は不明だが、その存在は16世紀前半には確認される。冊封使の渡来は、三山時代から1866年まで都合23回を数えた。正・副使以下400 ~ 500人が、夏から冬の約半年間滞在し、崇元寺で故国王を弔い(諭祭)、首里城で新国王の冊封した。国王一世一代の大行事であった。
 冊封使滞在時の他は、通常その一部が砂糖座として用いられ、砂糖の収納、薩摩藩への送り出し、砂糖樽の製造が行われた。
 1879年(明治12)の沖縄県設置後、1896年(明治29)には、那覇区役所(後の市役所)となり、1917年には新庁舎を建てていたが、沖縄戦の前哨となる、1944年10月10日の大空襲で破壊された。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市東町26-1

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.