個人観光ガイド

万歳嶺跡(バンザイレイアト)

更新日:

万歳嶺(俗称「上ナチジナームイ」)は、首里台地の西端に位置する丘のこと。

 かつては松が生い茂り、頂上から美しい眺望が開けていたため、「万歳嶺夕照」と詠うたわれた首里八景の一つであった。
 時の国王尚真がこの地に遊覧した際、王の治世、国の繁栄を祝う万歳の声がわきおこったことから、1497年に丘の頂上に「万歳嶺記」の碑を建立し、この丘を「万歳嶺」と称した。
 1617年、後の国王となる尚豊が国質(人質)として薩摩に赴いた際、父尚久は息子の無事な帰国を祈願。同年尚豊が無事帰国したので、翌1618年、尚久は万歳嶺の南斜面に千手観音像を奉じ、観音堂と慈眼院を建立した。
 その後、観音堂は旅の航海安全を祈る場所として人々の信仰を集めていたが、1945年の沖縄戦で焼失、「万歳嶺記」の碑も破壊された。戦後、万歳嶺の頂上付近を削り、観音堂が新たに建てられ、「万歳嶺記」の碑も、残った一部を台座に組み込み、復元されている。
 なお、万歳嶺に対し、その西方に連なる小高い丘は、「官松嶺」(俗称「下ナチジナームイ」)と呼ばれていた。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市首里山川町3-1

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.