個人観光ガイド

壺屋区役所跡(ツボヤクヤクショアト)

投稿日:

沖縄戦の後、最初に設置された那覇市の行政庁舎跡。

 沖縄戦以前、上之蔵(現那覇市東町)にあった那覇市役所は、1944年(昭和19)の10・10空襲によって焼失した。
 1945年(昭和20)11月10日、米軍の占領により住民の立ち入り禁止となっていた旧那覇市の一角の壺屋に、陶器・瓦製造のため、陶工を中心とした復興先遣隊103名が初めて入り、那覇の復興が始まった。
 翌1946年(昭和21)1月3日に、人口増加にともない糸満管内壺屋区として区役所が設置され、焼け残った民家を庁舎として行政事務を開始。同年4月4日に壺屋区は糸満管内から分離して那覇市となった。
 那覇市役所庁舎は、その後、牧志、開南、天妃へと移り、1965年(昭和40)9月には泉崎へ移転。この間、1950年(昭和25)特別行政区みなと村、1953年(昭和28)首里市・小禄村、1957年(昭和32)に真和志市と合併、埋立も行い、那覇市は現在の市域となった。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市壺屋1-16

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.