個人観光ガイド

てんぷら坂

投稿日:

壺屋から牧志に至る坂の通称。

 この坂に天ぷら屋が建ち並び、その名が付いた。
 かつてこの一帯は、「一松尾」・「二松尾」と呼ばれる丘陵で、丘には墓が点在し、前の坂道は「ガマヌ下」と呼ばれた。
 1944年(昭和19)9月、壺屋町内会が丘に防空壕を掘り、10月9日に完成、翌日、米軍の空襲(10・10空襲)があり、1,000人余が避難し助かったという。
 1945年(昭和20)11月に、壺屋・牧志一帯が開放されて以降、那覇の人口が増加するとともに、坂に沿って、壕を利用した天ぷら屋が建ち、人々に食を供し、いつしか通りの通称となった。
 戦後直後は、天ぷら油は米軍からの「戦果」(盗品)のモービル油(機械用潤滑油)が使われたという。黒煙が立ち上り、独特な嗅いで、お腹を下す人もいたというが、食糧不足の時代、天ぷらはご馳走として喜ばれたという。
 1994年(平成6)に着手された牧志・壺屋西線の道路工事に伴い、丘も坂も多くが削られた。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市壺屋1-9-1

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.