個人観光ガイド

那覇劇場跡(ナハゲキジョウアト)

更新日:

旧真和志村字樋川神里原(現那覇市壺屋)に建立された芝居専門の演芸場跡。

 1945年(昭和20)の沖縄戦により、沖縄の住民は各地区の収容所生活を余儀なくされた。このような中、住民を代表する「沖縄諮詢会」(後の沖縄民政府)が組織され、その下に文化部が置かれた。文化部では収容された琉球芸能の役者・音楽家など約200人を集め、松・竹・梅の3劇団を組織し、各収容所の慰問公演を行った。
 1945年11月10日の先遣隊派遣を皮切りに那覇市の部分的解放が行われ、壺屋・牧志を中心に住民の居住が広がった。那覇では人口増加とともに市場ができ、さらに中央劇場、アーニーパイル国際劇場、那覇劇場の順に劇場が造られた。
 那覇劇場は、1949年(昭和24)9月、仲本清智、宮里孝助・孝盛兄弟等を中心に演劇専門館として造られた。当初は露天の劇場であったが、こけら落としは、松劇団(団長島袋光裕)により華々しく行われたという。那覇劇場は他館が映画専門館として興行する中、戦後旗揚げされた多くの劇団が公演を行い、芝居のメッカとして人気を博した。また、学芸会やボクシング試合など各種催し物会場にも使われた。
 その後、映画・テレビ人気、さらに沖映本館が1965年(昭和40)から芝居専門館として興行したため、那覇劇場は経営難に陥った。経営者の仲本清智は、姪の仲田幸子率いる「でいご座」の常打ち館として再生を図ったが、1969年(昭和44)閉館した。劇場跡地は売却され、市場利用者の駐車場として経営された。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市壺屋1-1地先

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.