個人観光ガイド

金城村学校所跡(カナグスクムラガッコウジョアト)

更新日:

琉球王国時代の首里金城村の学校所及び役所跡。

 村学校所は士族子弟の教育機関で、首里・那覇などの各村に建てられた。士族の子弟は7 ~ 8歳で入学し、元服する14~15歳まで、「三字経」の読み書きから、「論語」・「孟子」などの四書を学んだ。
 金城村学校所は1835年に創立したといわれ、「訓蒙館」と名付けられた。王国末期には136人の生徒が在学した。学校所には「中取」・「筆者」といった王府役人も詰め、村の風俗・衛生を取り締まるなど、役所の機能も有した。
 1879年(明治12)の琉球処分後は、学校所は廃止されて村の共有地となったが、その後個人に払い下げられた。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市首里金城町1-21

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.