個人観光ガイド

程順則生家跡(テイジュンソクセイカアト)

更新日:

琉球王国を代表する文人程順則の生家跡。

 程順則は、1663年久米村(現那覇市久米)生まれ。程順則は中国名で、字は寵文。父は程泰祚といい、首里士家の虞氏外間筑登之實房の次男であったが、中国語の才能を買われ、22才の時、王府の命により、久米村に入籍し、長く途絶えていた程家の跡を継いだ。
 順則は、1683年20才の時、勤学として初めて清(中国)に留学し、4年間滞在した。その後も3度渡唐しているが、1706年には、正議大夫(進貢副使)として北京へ赴いている。1719年には、紫金大夫(親方位)に登り、久米村総役(久米村の最高役職)に就いた。
 この間、『十七史』全1,592巻や中国の教訓書『六諭衍義』等を持ち帰った。『六諭衍義』は薩摩藩を経て、八代将軍徳川吉宗に献上され、その後、庶民教科書として全国に普及した。また、孔子廟境内に、琉球で最初の学校の「明倫堂」を創設(1718年)し、久米村子弟の教育にあたった。
 順則は、『雪堂雑爼』(1696年)・『雪堂燕遊草』(1698年)といった漢詩集や、中国渡航の際の航海指南書である『指南広義』(1708年)などを著し、1719年に来琉した冊封副使徐葆光に、中山(琉球)第一の文人と賞された。
 1728年、66歳の時に名護間切(現名護市)の総地頭となり、名護親方と称した。高徳の人として知られ、後に名護聖人と称された。
 1734年死去、享年72。墓は辻原にあったが、沖縄戦後の区画整理により、識名霊園内に移転された。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市久米1-6-14

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.