個人観光ガイド

湧田地蔵堂跡(ワクタジゾウドウアト)

更新日:

地蔵菩薩を安置したお堂跡。

 地蔵菩薩は、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道の輪廻に苦しむ人々を救う仏とされ、日本では平安時代以降、六道の巷を住処とする地蔵と、境を守る道祖神が習合し、道々の境界に地蔵が祀られるようになった。
 湧田地蔵堂は、真言宗の僧侶日秀上人(1503 ~ 1577年)が、1538年泉崎村の南に位置する湧田村に建立した。堂は赤瓦屋根の中央に擬宝珠を載せた八畳程度の平屋で、中央に石柱が立ち、石柱上部は六角の厨子の形であった。厨子の中に上人手彫りの木像が安置され、厨子には「欽奉 六道能化地蔵菩薩 現世安穏 後生善所 大明嘉靖十七年戊戌三春晦日 敬白」の文字が刻まれた。
 泉崎・湧田村では地蔵菩薩を村の守護仏として、旧暦の1日・15日、9月9日、10月の「竈まわり」等に拝んだとされるが、普段は鬼ごっこや陣取りなどをする子どもたちの遊び場であったという。
 日秀上人建立の地蔵堂は、湧田の他に、那覇地蔵堂(東村・西村の境)と若狭町地蔵堂があったが、1944年(昭和19)の10・10空襲やその後の沖縄戦により破壊された。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市泉崎1‐1 開南小学校付近

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.