個人観光ガイド

綾門大道周辺の旧跡(アイジョーウフミチシュウヘンノキュウセキ)

更新日:

琉球王国時代、海の玄関口那覇港から泊の崇元寺を経て首里城に至る道は、王国随一の公道であった。

 ことに「下の綾門」と呼ばれた中山門と、「上の綾門」と呼ばれた守礼門の間を中心とした幅広い道を綾門大道といった。18世紀初めに作成された「首里古地図」によれば、綾門大道の周辺には、世子殿である中城御殿や王家別寮の大美御殿をはじめ、王家陵墓の玉陵、御客屋、さらに天界寺や安国寺など王府関連の建造物が建ち並び、王都にふさわしい景観を形づくっていた。かつて、この大道では、国王一代に一度限りの「綾門大綱」(大綱引)や、毎年元日に行われる「馬勝負」(馬術)などが催された。綾門大道周辺の旧跡は、1945年の沖縄戦で壊滅的な被害を受けたが、守礼門の復元、玉陵の修復、そして首里城の復元と整備が進められている。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市首里真和志町1-9

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.