個人観光ガイド

真嘉比村(マカビムラ)

投稿日:

琉球王国時代、現在の真嘉比・古島地域は、真和志間切真嘉比村と呼ばれ、小字真嘉比原バル(現真嘉比自治会館周辺一帯)に集落が形成されていました。

 1879年の琉球処分(沖縄県設置)の後、真和志間切真嘉比村は、1908年真和志村字真嘉比となり、1920年には字真嘉比の北東地域が字古島として分離しました。
 古島を含むかつての真嘉比村は、首里・那覇に隣接する純農村地帯で、サトウキビや真嘉比川周辺の真嘉比川原の田芋は特に有名でした。また、首里(儀保村)から那覇(崇元寺)に至る真嘉比道と呼ばれる道が通っており、一部には石畳が敷かれていました。この道は、首里の人々が人目を避けて那覇の辻(遊郭)に行くために通ったり、末吉・西原村辺りの人々が那覇の市に荷を運ぶために利用しました。真嘉比道周辺の丘陵には数多くの墓が建立されており、幽霊話の舞台ともなりました。
 沖縄戦の後、1957年に那覇市と真和志市(当時)が合併した際、那覇市字真嘉比、那覇市字古島の行政区域が誕生しました。2000年頃までは、真嘉比地域でも集落の形態や真嘉比道、周辺の丘陵・墓などもかつての姿を残していたが、土地区画整理事業が進み、見違えるほど整備された街が誕生しました。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市字真嘉比 真嘉比中央公園内

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.