個人観光ガイド

東恩納寛惇生家跡(ヒガオンナカンジュンセイカアト)

投稿日:

沖縄研究者東恩納寛惇の生家跡。

 東恩納寛惇は1881年、当時の那覇東村に生まれた。東恩納家は那覇士族の愼氏である。
 東恩納は、沖縄尋常中学校を経て、熊本の第五高等学校(現在の熊本大学)、ついで東京帝国大学史学科に進んだ。1908年卒業。その後も東京に留まり、1919年東京府立第一中学校の教諭、1929年には東京府立高等学校の教授となった。
 この間、1933年には東京府から派遣されて、東南アジア・インドを歴訪、タイでは、日本人町の調査を行った。戦後は、1949年に拓殖大学の教授となった。
 東恩納の沖縄研究は、大学在学中からで、『琉球新報』や各種雑誌等で論文を発表している。主な著書に、『尚泰侯実録』(1924)、『黎明期の海外交通史』『泰ビルマ印度』(1941)など多数あり戦後も地名研究の名著『南島風土記』(1950)、『校註羽地仕置』(1952)がある。
 1963年東京で死去、享年83才。60年余かけて収集した蔵書は、郷里沖縄に寄贈され、現在沖縄県立図書館に「東恩納文庫」として収蔵されている。
 なお、同生家跡は、王国時代は薩摩藩在番奉行所の脇仮屋で、1900年から沖縄戦にかけては並川金物店となっていた。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市東町22地内

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , , ,

あおいトラベルへ電話(平日のみ)

Copyright© あおいトラベル/貸し自転車/金券買取 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.