個人観光ガイド

島尻郡役所跡(シマジリグンヤクショアト)

更新日:

1896年(明治29)に設置された島尻郡の行政を管轄した役所跡。

 1879年(明治12)の沖縄県設置の翌年、島尻地方15間切の行政事務を監督・指導するため、東風平間切番所内に島尻役所が置かれた。
 島尻役所は1886年(明治19)に那覇区東町の那覇区役所内に併設されて後、1896年(明治29)に施行された2区5郡制(那覇・首里区、島尻・中頭・国頭・宮古・八重山郡)により島尻郡役所と改称し、15間切の他に久米島、伊平屋諸島など本島周辺離島もその管轄区域とした。
 1912年(明治45)7月に郡役所を若狭町(現那覇市若狭)に新築・移転。行政事務や郡道工事等の他に、島尻郡内で徴兵された青年達の合同団結式を行うなど、那覇での拠点となった。
 1926年(大正15)6月郡制廃止に伴い、島尻郡役所は廃され、庁舎も解体・撤去された。
 1934年(昭和9)島尻郡役所跡に開洋会館が建てられ、海外移民の渡航相談や宿泊所となっていたが、1944年(昭和19)の10・10空襲で焼失した。

以上、現地の説明版より

所在地:那覇市松山2-27-1

沖縄本島限定 個人観光ガイド 1時間1,500円より

あおいトラベル(TEL:098-955-3069)まで

-個人観光ガイド
-, , , , ,

緊急連絡先へ電話

Copyright© あおいトラベル/沖縄観光ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.