那覇市

「千日(せんにち) 」までは片道約0.6キロです。

那覇市久米にある『千日』は、創業45年のぜんざい専門店の老舗。千日のぜんざいは、なんと言ってもケタ違いのサイズが目をひく。高さ25cmほどの氷の山も口に入れればアラ不思議。フワッと溶けるパウダー状の氷なので、意外とアッサリお腹の中に入ってしまう。もちもちとした金時豆をシャーベットで胃に流し込んでおくようなカンジで堪能できる。パウダー状の氷の秘密は、削氷機の刃をこまめに研ぐことと、かための氷を用意すること。先代のレシピを忠実に再現していて、このサイズについても遺言でもあることから変えられないという。ムッとする夏風が涼しく感じられる一品だ。

以上、食べログより引用

あおいトラベルからは、片道約0.6キロです。

「識名宮 」までは片道約4.5キロです。

識名宮とは?
当宮は琉球八社と呼ばれた由緒ある社の一つです。社号は琉球神道記(一六〇八年)には「尸棄那権現」、琉球国由来記(一七一三年)には「姑射山権現」と記されています。尚、前者には「縁起亦明ナラズ。熊野神ト見ヘタリ。石窟惟霊地也」と祭神のことが記されています。
さらに近世沖縄における熊野三山、いわゆる権現信仰としては末吉宮は熊野新宮に、普天満宮は熊野那智(飛龍)に、識名宮は熊野本宮に見立てて信仰されていました。

以上、公式サイトより引用

あおいトラベルからは、片道約4.5キロです。

「パレットくもじ 」までは片道約0.9キロです。

パレットくもじについて
那覇市の繁華街、国際通り入り口近くにある多目的商業施設。地上9階、地下2階建てのビル内には、核店舗のデパートリウボウを始め、飲食店、郵便局、市民ギャラリー、市民劇場、那覇市歴史博物館などのテナントが入居しており、ショッピングのほか展示会、物産展など様々な催事が催される。また屋上の「パレットスカイガーデン」では亜熱帯植物が鑑賞でき、憩いの場となっている。

以上、ネット情報(ヤフーロコ)より引用

あおいトラベルからは、片道約0.9キロです。

「沖縄県立美術館・博物館 」までは片道約3.3キロです。

沖縄県立博物館・美術館について
沖縄の新たな文化拠点として那覇市おもろまちに建設された博物館と美術館の複合施設。那覇市首里にあった博物館をリニューアル移転させ、初の県立美術館と併設させた。総床面積は約2万3700平方m。館の外観は世界遺産のグスク(城)をイメージし、琉球石灰岩を模した造りになっている。博物館では沖縄がまるごとわかるように、固有な生物が多い琉球列島の自然、王国を形成した独特の歴史や文化、民俗、美術工芸品などを展示紹介している。美術館では沖縄ゆかりの作家の作品を収蔵、展示している。 

以上、ネット情報(ヤフーロコ)より引用

あおいトラベルからは、片道約3.3キロです。

「漫湖水鳥・湿地センター 」までは片道約2.7キロです。

漫湖水鳥・湿地センターは豊見城市豊見市にあり、無料で見学できる施設です。
ここで僕が興味を持ったのは、ビデオシアターです。
以前の漫湖や那覇の様子が見れます。
駐車場も無料で広々しています。
開館時間は午前9時から午後5時まで
休館日は毎週月曜日(休日の場合は翌日)と慰霊の日(6月23日)と年末年始(12月29日から1月3日)だそうです。

ラムサール条約とは?
正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といいます。
1971年イランのラムサールという町で採択されたので「ラムサール条約」と呼ばれています。
ラムサール条約は、単に「水鳥の保護」のみを目的としたものではなく、「総合的な湿地保全」のための条約であり「ワイズユース(賢明な利用)」を義務づけていることが特徴です。つまりラムサール条約とは、「人と生き物が水辺で生き生きと暮らす。」そんな当たり前の幸せのための国際条約です。

あおいトラベルからは、片道約2.7キロです。

「泊いゆまち 」までは片道約2.9キロです。

「泊いゆまち」ではその日水揚げされた新鮮な魚介類を複数の鮮魚店が販売しています。
「いゆ」とは沖縄の方言で魚のことで、「まち」は市場の意味です。施設内の卸業者は24店舗。沖縄らしいカラフルな魚が豊富で、全国発送も可能な店舗もございます。
また、奥にはガラス張りの解体室があり、時間が合えばマグロなどの解体の様子を見ることができますよ。
お昼を過ぎると商品が少なくなり、売り切りごめんで閉店する店もありますので、朝早くご来店いただくのがベストです!新鮮なお魚たちが皆様のご来店をお待ちしております。

以上、公式サイトより引用

あおいトラベルからは、片道約2.9キロです。

「平和通り商店街 」までは片道約2.1キロです。

戦後、テントを張っただけの露天商が立ち並び、次第に通りとして賑わい、昭和26年に平和の願いを込め平和通りと名付けられた。
その後、那覇で最初の全長約400mのアーケードが完成し「那覇市平和通り商店街振興組合」と改める。商店街をどんどん進むとトロピカルな色とりどりの衣料品やお土産品がたくさん陳列されて観光客、地元客が買い物をたのしんでいます。
またちいさな路地が入り組んでいて地元のおばさんたちでにぎわっています。ノスタルジー感を味わえるのも魅力です。小物の掘り出し物やめったにない沖縄食材も発見でき、地元の人達とのふれあいを楽しめる魅力あふれる通りです。

以上、平和通り商店街MAPより引用

あおいトラベルからは、片道約2.1キロです。

「対馬丸記念館 」までは片道約0.9キロです。

対馬丸記念館は、対馬丸事件の犠牲者の鎮魂と、子供たちに平和と命の尊さを教え、
事件を正しく後世へ伝える為に対馬丸撃沈から60年目に沖縄県那覇市に開館しました。

以上、公式サイトより引用

あおいトラベルからは、片道約0.9キロです。

「沖宮(おきのぐう) 」までは片道約2.2キロです。

琉球八社の一社である沖宮の御祭神は、初めは霊木がまつられていたという。その根源は奥武山の天燈山にあり、そこに鎮(しず)まる神様を、神社神道では天照大御神と称し、沖宮では天受久女龍宮王御神と称えている。

以上、公式サイトより引用

あおいトラベルからは、片道約2.2キロです。

「玉陵 」までは片道約4.8キロです。

玉陵は第二尚氏の歴代国王の墓。東室、中室、西室の3つの墓室、玉陵碑、前門、後門、展示館である玉陵奉円館、沖縄戦前は墓守が番をし、琉球王国時代には墓参りの国王が休憩したという東の御番所がある。2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された。

以上、那覇市観光協会のサイトより引用

あおいトラベルからは、片道約4.8キロです。